So-net無料ブログ作成
検索選択

脳腫瘍の女子大生バスケ選手に感動 [健康]

脳腫瘍の女性の話が立て続けにアメリカから届きました。


一人は「尊厳死」を遂げたブリタニー・メイナードさん(29歳)
もう一人は女子大生のローレン・ヒルさん(19歳)


若くして、自ら死ぬことを選んだメイナードさんが気の毒でなりません。
ヒルさんはバスケットボールゲームに出場してシュートを2本決めた映像が
感動的でした。

彼女は末期の脳腫瘍のため余命わずかと宣告されているそうです。
それでも勇気をふり絞ってプレーを続けるローレン・ヒルさんの姿に
全米だけでなく、テレビで見た僕も涙なしには見ることができませんでした。


脳腫瘍。
良性と悪性があります。
なぜ敏感に反応したかと言うと、実は自分の頭の中にもあるからです。


頭痛が何日間も止まらず、吐き気までしたので病院で脳ドックを受けました。
すると「脳下垂体が通常の人の倍以上ある」って言われました。
検査結果の写真を見ると、視神経の後ろ側にハッキリと見て取れます。


一瞬、頭の中が真っ白になりましたよ。


ただし意思の診断では「後日もう一度、MRIを撮りますが、97パーセントの確率で
良性だと思いますよ」とのことです。


こんなこと言われて、安心する人っていますかね?
残り3パーセントになる可能性だってあるんですよ。
「次回は1月中旬に再検査、それまでは経過観察です」


頭の中に異物を入れたまま年を越すことになります。
どうしようもなく不安な日々を送っていたときに、
バスケットボールをプレーしながら懸命に生きる
ローレン・ヒルさんの映像が目に飛び込んできました。


不安や恐怖感にさいなまれる自分自身が、なんだか恥ずかしくなってきました。
良性であることを信じて、次回の検査結果までは明るく行こうと決心しました。
勇気を与えてくれたヒルさんに感謝、感謝です。


そんなこともあって、最近ブログをはじめました。
これからも宜しくお願い致します。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。