So-net無料ブログ作成
都市伝説 ブログトップ

2014年今年の流行語大賞と兵庫県豊岡市との奇妙な都市伝説 [都市伝説]

2014年も残すところあと1ヶ月あまり。
今年の流行語大賞って、何なんでしょうね?

「2014年ユーキャン新語・流行語大賞」
ノミネートは既に発表されています。
50ある候補語の中から大賞とトップ10が、
12月1日に発表されます。

流行語大賞の候補を調べてみると、奇妙な都市伝説を見つけてしましました。

◎「ダメよ〜ダメダメ」

日本エレキテル連合・中野聡子と橋本小雪のコンビを大ブレイク
するきっかけとなった有名なセリフです。
橋本小雪が言う「ダメよ〜ダメダメ」
大人から子どもまで、一度は口にしたことのあると思います。
個人的にはこれが大本命かな? って思ってます。


○「STAP細胞」

理化学研究所の研究員・小保方晴子氏がその存在を発表したとき、世紀の大発見か!
と色めき立ちましたが、その後は様々な問題点が取りざたされて、結局は論文撤回。
小保方晴子さんも早稲田大学から博士号をはく奪されてしまいました。

彼女の指導的な立場にあった理研の笹井芳樹副センター長の生方が、
お気の毒にも8月には自ら命を断たれるなど、STAP細胞は大騒動にまで発展しました。

▲「号泣会見」

西宮市から選出された兵庫県議会の野々村竜太郎議員による釈明会見。
政務調査費および政務活動費における不明瞭な支出を指摘されて、
それをうけての会見でした。

実際の会見はもっと長かったようですが、あの号泣シーンがテレビや
ネットのYouTubeなどでクローズアップされて一躍ときの人になりました。


ちなみにこの3人に共通するキーワードってわかります?

実はみなさん兵庫県豊岡市と何らかの縁があるんですよ。


豊岡市といえばコウノトリやカバンの生産地として有名です。
平成の大合併で兵庫県一面積が広くなった豊岡市と3人の
共通するところって何んでしょうか?


ちなみに職業上ではは3人とも、おそらくなんら関係の無い分野ですよね。

ではまずはじめに日本エレキテル連合の橋本小雪さん。
彼女は兵庫県は豊岡市の出身で、ご実家は城崎温泉の近くで民宿を営んでいるのだとか。

続いて「STAP細胞」の小保方晴子さんを指導していた故笹井芳樹副センター長。
愛知県の名門・旭丘高校から京都大学医学部へ進学されますが、
彼の出身地も兵庫県豊岡市なのだそうです。


最後に野々村議員は大阪の進学校・北野高校から関西大学法学部を卒業されています。
本人曰く西宮市には「縁もゆかりも無い」とのことですが、出張先とされた城崎温泉
の所在地は兵庫県豊岡市城崎町

他の有力候補がかすんでしまうくらいの奇妙なまでの符合。
これって都市伝説っぽくないですか?

ディズニーの映画「アナと雪の女王」の主題歌で流行した「ありのままで」
佐村河内守氏の作曲をつとめていた新垣隆氏による疑惑で話題となった「ゴーストライター」
子どもたちに人気の「妖怪ウオッチ」…
などなど、どれもが2014年流行語大賞であることに変わりはありません。

でも僕が勝手に選んだ2014年の都市伝説大賞。
こちらは兵庫県豊岡市に決めようと思います。

ちなみに映画「アナと雪の女王」のテーマ曲「Let It Go 〜ありのままで〜」
を歌ったMay J.さん。今年の夏に行った全国ツアーでは8月21日に和田山ジュピターホール
ってところを訪れています。
その所在地に注目したのですが、こちらは兵庫県朝来市でした。

それでも今年これだけの話題に貢献した兵庫県豊岡市。
何かしらパワースポット的なものを感じるのは僕だけでしょうか?


他にも何か兵庫県豊岡市に関する話題がありましたら、是非とも教えてくださいね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
都市伝説 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。