So-net無料ブログ作成

新芦毛の怪物ダノンプラチナ(蛯名正義)が2015朝日杯FSを制す! [競馬]

ダノンプラチナ、強かったですね〜。
芦毛の怪物の称号を得たと言っては
大げさすぎますかね?


第66回朝日杯フューチュリティーステークス
(GⅠ 芝1600m 阪神競馬場)

2014年12月21日。
今年から、中山競馬場より阪神へ舞台をうつして
行われました。


大混戦と言われた2歳王者決定戦を制したのは
新芦毛の怪物・ダノンプラチナ


しかも鞍上の蛯名正義騎手は、
同じくここ阪神競馬場で12月14日に
行われた阪神ジュベナイルフィリーズに続いて
2週連続で頂点に立ちました!

しかも今週も勝ったのはディープインパクト産駒でした。


拍手!


レースを振り返ってみましょう。
肌寒く曇り空の阪神競馬場。

6枠12番のアクティブミノル(武豊)
4枠7番のセカンドテーブル(戸崎圭太)が先行。


返し馬から落ち着いてた1枠2番のダノンプラチナは
後方から3頭目をキープ。

3コーナーのごちゃつきをうまくかわしたのが
勝因と関西テレビでも言ってました。


ディープインパクトを彷彿とさせる
伸び足をみせてくれたダノンプラチナ。

ゴール手前で蛯名正義騎手は
後ろを振り返る余裕さえ見せて、
内からきた3枠6番アルマワイオリ(勝浦正樹)を振り切りました。


ディープインパクト産駒は今季GⅠ9勝目
朝日杯FSは2011年のアルフレードから、
ロゴタイプ、アジアエクスプレス、そしてダノンプラチナと
4年連続で関東馬の勝利となりました。

蛯名正義騎手と国枝栄調教師のコンビといえば、なんといっても
牝馬三冠(桜花賞、優駿牝馬、秋華賞)を勝ったアパパネ
が思い出されます。

国枝調教師もアパパネに似ていると、
この新芦毛の怪物を絶賛。

ダノンプラチナ
2015年以降のクラシックが楽しみになってきました。

そして、今年も残るGⅠはあと1レースのみ

有馬記念
2014年12月28日

じっくり検討して
素晴らしい新年を迎えましょう。

2014年有馬記念のガチ予想はこの2人。田中将大ともう一人は… [競馬]

2014年も残すところあと数日となってきましたね。
うま年が終わろうとしています。

ことしの競馬の収支は皆さんどうだったでしょうか?

2014年12月28日 有馬記念
僕は今年のレースはこの2人に夢を託そうと思っています。

ひとりはマー君ことニューヨークヤンキースの田中将大投手。
言わずと知れた、メジャーリーガーきっての競馬通です。


爆笑問題の田中裕二とともに、TBS系の「S☆1」
の番組内でGI予想対決10番勝負を行っています。

12月8日は予想対決の第7戦
チャンピオンズカップ

結果はホッコータルマエを予想したマー君の勝利で
対戦成績を2勝2敗の5分としました。
20141207Tanakamasahiro.jpg

出典:2014年12月7日 大阪スポーツ 

田中将大投手は、東京スポーツの新聞紙面上でも
競馬の予想を連載しています。

そちらの方のタイトルは

ヤンキース 田中将大のガチ予想
帰ってきた!〜タナカ・タイム〜

エピファネイアが勝ったジャパンカップでは
外してしまい、ついに◎連対率100%記録
が途切れてしまいました。

しかし気を取り直しての、第15回チャンピオンズカップでは、
TBSのS☆1の番組内と同じく、
勝ったホッコータルマエをグリグリの二重丸に推奨していました。


この秋シーズンでは、もう一人この方の買い目に注目しています。

サンケイスポーツの川端亮平記者です。

20141207Kawabatakisya.jpg

出典:2014年12月7日 サンケイスポーツ 

ジャパンカップはエピファネイアを予想して的中した
サンスポの川端記者。
2014年チャンピオンズカップ当日の新聞では
1面でホッコータルマエに◎を打ってました。

対抗こそ外したようですが、
この秋のGIでは秋華賞、菊花賞、天皇賞、ジャパンカップ
と8戦4勝と脅威の的中率です。

冬のボーナスもガッポリもらっているでしょうから、
まさにウハウハな年の瀬を送っていることでしょう。
羨ましい限りですね。


この2人の予想から目が離せません。

要注目です!


せっかくここまで読んでいただいたので、
おいしいデータをひとつ。

第15回チャンピオンズカップを終えた時点で、
今年の秋競馬のGIレース、実は1番人気に推された馬が1度も
勝っていないんですよ。

2014年12月14日は阪神競馬場で
2歳女王決定戦、ジュベナイルフィリーズが行われます。

有力馬の実力が伯仲しているとも言われています。

ニューヨークヤンキース・田中将大投手

サンケイスポーツ・川端亮平記者

注目の予想対決。

この2人の性格上、注目のエピファネイアは外してくることでしょう。
年末の有馬記念まで、2人の予想から目が離せません。

忘年会でさんざん飲み歩いて散財したところへ、
クリスマスプレゼントとクリスマスイブのデートの
ダブルパンチ。

懐具合が寂しくなった年の瀬。
マー君と川端記者の本命予想に乗ってガッポリ儲けて、
楽しく年を越したいと思います。

あっ、最後に申し遅れましたが、競馬の予想はあくまでも
自己責任で御願いしますね。

勝負したるもの、そうでなくっちゃ〜
o(^▽^)o


では、Good Luck !!
(^_-)-☆

2014年チャンピオンズカップはホッコータルマエが勝利。気になる次走は? [競馬]

2014年チャンピオンズカップ
ホッコータルマエ
悲願のJRA GI 初勝利をあげました!!
20141208Hokkotarumae333a.jpg

※ 出典:2014年12月8日 サンケイスポーツ


秋のダート王決定戦
第15回チャンピオンズカップ
2014年12月7日、中京競馬場 1800メートル

交流GI5勝の実績をもつホッコータルマエが、
ジャパンカップダートから含めて、3度目の挑戦で
悲願ともいえる中央競馬GI初勝利をあげました。

昨年までの阪神で行われた同レース(ジャパンカップダート)では、
好位置につけるも、2年続けて最後の直線で伸びが足りませんでした。
今回もどうなるかと不安に見ていたのは僕だけではなかったはずです。


3度目の正直で、ようやく勝利をあげ、
陣営の喜びもひとしおだったのではないでしょうか。

幸英明騎手にとっては6年ぶり、
西浦勝一調教師にとっては8年ぶりとなる
JRAでのGI勝利でした。

20141208Hokkotarumae333b.jpg

※ 出典:2014年12月8日 スポーツニッポン

レースを振り返ってみましょう。

2番人気のホッコータルマエは今年も道中は2番手という
好位置をキープ。

直線ではローマンレジェンドとの叩き合いとなり、
振り切れるかと思った矢先、ナムラビクターの追走にあい、
なんとか半馬身差で逃げ切りました。


JBCクラシックでレコード勝ちしていたコパノリッキーには
フェブラリーSでも敗れていましたが、
ようやくリベンジすることができました。

20141208Hokkotarumae333c.jpg

※ 出典:2014年12月8日 デイリースポーツ

それにしても1番人気のコパノリッキー、
先行すると思いましたが
スタートの出遅れが最後まで響きましたね。
最後の直線も全然伸びず12着の惨敗です。


左回りコースのGIでは3勝の実績があり、得意にしていたとはいえ、
やはり初めての中京競馬場では、何かと戸惑いがあったのでしょうか?


僕は馬では無いので、そのあたりのことはわかりません。
こればかりはコパノリッキー本人に訊いてみるしかなさそうです。

20141208Hokkotarumae333d.jpg

※ 出典:2014年12月8日 日刊スポーツ

気になるホッコータルマエの次走はどうなるのでしょうか?
陣営は早くもドバイワールドカップへの出走を表明しています。

年内は東京大賞典、そして年明け早々の川崎記念、
フェブラリーステークス、ドバーワールドカップといった
ローテーションが予想されます。



第60回東京大賞典
2014年12月29日の16時30分出走
大井競馬場、ダートの2000メートル
昨年のこのレースの優勝はホッコータルマエ


第64回川崎記念
2015年1月28日
川崎競馬場、ダート2100メートル
昨年のレースの覇者はもちろんホッコータルマエ


第32回フェブラリーS
2015年2月22日
東京競馬場、ダート1600メートル
昨年の勝ち馬はコパノリッキー


ドバイワールドカップ
2015年3月28日(日本時間:3月29日3時5分出走)
2015年から馬場はオールウェザーからダートへ変更
メイダン競馬場、距離は2000メートル
昨年の優勝馬はアフリカンストーリーでした。

20141208Hokkotarumae333e.jpg

※ 出典:2014年12月8日 スポーツ報知

ことしのドバイWCでは14着と惨敗に終わってます。
リベンジを期待したいところです・

ホッコータルマエの勝利に終わった第15回チャンピオンズカップ。
昨年までのジャパンカップダートから名称を変更したこのレース、
今回は舞台を阪神競馬場から中京競馬場に移して行われました。

売り上げは123億7319万7700円と前年比90.3%と減少。
観客数は4万4461人と2012年にリニューアルされて以降、
最高の観客動員を記録しています。

ちなみに、中京競馬場の観客動員数の過去最高は、
第26回高松宮杯です。
このときには7万4201人でした。

1996年5月19日、ナリタブライアンが短距離に挑戦した
見せ場なく4着に敗れたあのレース。
勝ったのは、あの田原成貴騎手のフラワーパークでした。
思い出しましたよね

では、ホッコータルマエの次走、大いに期待しましょう。

有馬記念はジャパンカップ圧勝のエピファネイアで決まり!? [競馬]

エピファネイアは本当に強かったですね。

第34回ジャパンカップエピファネイアが4馬身差をつける圧勝劇。
好位置につけて4コーナーを回ってからスミヨン騎手はトップギアへチェンジ。
直線を抜け出すと、もう他を寄せつけません。

2013年の菊花賞いらいの勝利というのが信じられないくらいです。

同一GⅠでの3連覇を狙ったジェンティルドンナを4着に退けるなど、
他を寄せ付けない圧勝劇。
早くも有馬記念エピファネイアで決まり! って感じです。


前走の天皇賞が折り合わず、6着と良くなかったので、
鞍上が福永祐一からスミヨンに代わっても別に変わりはない
と決め込んでいました。

馬場の悪さもエピファネイアに味方しましたし、内枠も生かして
くれました。かなり有利な条件が揃った勝利です。

東京競馬場も観客数は10万人を超えたんじゃないでしょうか。

スミヨン騎手はレース後に、
「オルフェーヴルやブエナビスタ(2010年のJCは2着に降着)よりも強い」
とコメントしたようです。


過去に乗った日本のどの馬よりも強かったんだとか。
リップサービスも入っているとは言え、有馬記念にかなり期待が持てそうですね。
でもそのときには、鞍上はまた福永祐一騎手でしょうか。

ちょっと、ユーイチとは相性が悪いんじゃないですかね。

では本日のレース結果です。

2014年11月30日
第34回ジャパンカップ(GⅠ)
東京競馬場 2400芝 左回り 

1着 エピファネイア
2着 ジャスタウェイ
3着 スピルバーグ
4着 ジェンティルドンナ
5着 ハープスター

え!? オマエはどうなんだって言うんでしょ。

すみません。スピルバーグです。
得意の東京競馬場でしたし、
第150回天皇賞のあの脚を見せつけられると…

もうきょうはエピファネイアに脱帽です。
有馬記念も勝てば、2014年の年度代表馬も間違いですかね?

その有馬記念は12月28日に中山競馬場で行われます。
早くもエピファネイアで決まり! って気持ちにさせてくれた、
そんな本日のJC圧勝劇でした。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。